勉強

保育士の学校を選ぶなら|憧れの先生になれる

合格の可能性

試験

学習方法

行政書士は、簡単にいうと「街の法律家」ということができます。行政書士試験に初心者が合格するためには、1年程度の期間を要することがほとんどです。受験者数は毎年7万人から10万人程度おり、合格率も10%以下であるため、国家資格試験としては難関な部類に入ります。 では、法律の学習をまったく経験したことのない初学者が独学で行政書士試験に合格することは可能でしょうか。 これについては「不可能」とはいいませんが、早期合格のためには受験予備校を利用すべきと考えます(ただし、受講費用が15万円程度かかることがあります)。試験に合格するためには、憲法、民法、行政関連法規をはじめとする膨大な分量の法律を理解して覚える必要があることはもちろん、行政書士試験には一般教養科目もあるため、効率よく学習する必要があるからです。

予備校で受かる

受験予備校では、試験に出やすい分野を中心にカリキュラムが組まれているためにそれに沿ってコツコツ学習すれば、独学で学習する場合と比較して合格の可能性を高めることができます。 では、予備校のカリキュラムをきちんとこなしていけば絶対合格できるかと言えば、答えは「NO」です。 上述のとおり、行政書士試験には「一般教養科目」があり、しかもこの一般教養科目で一定の点数を取得できなければ、法律科目が満点であっても不合格になってしまうのです。一般教養科目の範囲は、はっきり申し上げて「無限」ですから、どれだけ学習しても安心ということができないのです。独学では勉強のしようがないといっても過言ではありません。 ただし、これはすべての受験生に同じ条件なわけですから、まずは法律科目をきちんとマスターすることが合格の近道になることは間違いありませんし、また予備校では一般教養科目の対策も行ってくれますから、独学で学習するよりも有利であることも間違いありません。