レディ

保育士の学校を選ぶなら|憧れの先生になれる

夢を叶えるなら

保育士と子供たち

働ける場所が広がる

病院で働ける資格として、衛生管理者という資格を挙げることができます。 労働安全衛生法により、常時50人以上の労働者が働いている職場では必ず衛生管理者を置かなければならないことになっています。 ですから衛生管理者の資格を取得すれば病院に加えてさまざまなところで働くことができるのです。 衛生管理者は、職場の衛生管理の権限を持っており、労働者の健康管理をのサポートや職場環境の改善のために働きます。仕事内容は多岐にわたりますが、人々の健康のために働く病院スタッフを陰で支えることのできる、やりがいのある仕事です。 衛生管理者は健康診断を主催したり、労働災害を防止するための権限も持っているので、幅広い分野で活躍することができます。

スキルアップできる

衛生管理者の資格はいくつかありますが、病院で働きたいなら、第一種衛生管理者の免許が必要になります。 受験資格は、大学(短期大学)、専門学校を卒業し、1年以上労働衛生の実務を経験していること、となります。 この労働衛生の実務経験というのは、健康診断の日程調整や結果の管理、避難器具の点検、社員の衛生管理の教育など、衛生管理者が行っている業務が該当します。 普段からこういった業務に従事している方なら、比較的取得しやすい国家資格です。実務経験が1年と比較的短いことも取得しやすさの一因でしょう。 例外として、保健師や薬剤師などの資格を取得している方は、衛生管理者の資格を受験せず取得できるようになっています。 転職やスキルアップを考えているなら、取得を検討できるでしょう。

選ぶコツ

最近では男女問わず保育士になりたいという人が増えています。しかし、保育士になるには短期大学などの学校に通い、知識を付けなければなりません。また、国家試験に合格する必要もあるので勉強をする時間の確保が重要になってくるでしょう。学校を無事に卒業でき、試験に合格できたら念願の保育士になることができます。数ある学校から選ぶなら、ウェブサイトで資料請求をするといいでしょう。最近では、無料で請求することも可能なので便利です。

人気の資格がある

学習

行政書士は受験する人が多くいますが、合格率は7パーセントしか無い難関な資格です。見事合格するには相当の勉強量が重要になってくるので、独学するなら問題集をきちんと理解しましょう。

もっと知ろう

合格の可能性

試験

行政書士は合格率が非常に少なく、知識がある方でもなかなか受からない場合が多いのも事実です。しかし、可能性はゼロでは無いので、はじめて試験を受けるならポイントを抑えておくといいでしょう。

もっと知ろう

合格するためには

男性

行政書士に合格したいなら予備校に通うのがベストな選択といえるでしょう。しかし、仕事で忙がしく暇が無い方は通信講座という手段もあるので合格に向けてできるだけのことをするといいかもしれません。

もっと知ろう